スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月の検針票から電気料金値上げの影響を計算する方法

来年の1月より、いよいよ電気料金の値上げが始まりますが、電気料金計算機2.0を利用すると「わが家の電気代は一体幾らになるのか?」が分かります。
電気料金計算機2.0では、
1.自分で検針した電気メーターの数値をもとに計算する
2.先月分の検針票(又は領収証)をもとに計算する
の2種類の方法でシミュレーションができますが、ここでは2の検針票を用いる方法を説明します。

①「検針票から入力」をクリック
電気代値上げシミュレーター「電気料金計算機2.0」

②検針票の「ご使用量」を入力
電気代値上げシミュレーター「電気料金計算機2.0」


③電力会社を選択
④「計算する」ボタンをクリック
電気代値上げシミュレーター「電気料金計算機2.0」


○値上げ前と値上げ後の料金比較チャート
電気代値上げシミュレーター「電気料金計算機2.0」


○30年コスト比較表
電気代値上げシミュレーター「電気料金計算機2.0」


○月別値上げ料金チャート(特別措置に対応)
電気代値上げシミュレーター「電気料金計算機2.0」


最後に紹介した「月別値上げ料金チャート」を見ると一目瞭然ですが、先月末に各電力会社が発表した「特別措置」は「値上げ額の先送り」であり、決して「値上げの縮小」ではありません。来年の1-3月分の負担が減る代わりに、4月以降の負担が増えています。

電気料金計算機2.0
スポンサーサイト

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

置き場
Flash電光掲示板
You need to upgrade your Flash Player.

イメチェンボタン
カテゴリ
最近の記事
Links
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。